2013/05/14

イタリア人男・日本人女(全くの独断と偏見)



「イタリアから帰ってきました!」と言うと、
大体、「イタリア人の男性、格好良かった(でしょ)?!」
と聞かれます。

多分、今後会う人たちからも聞かれるんだと思います。

「イタリア」=「(愛の国)」

「イタリア人男」=「(イケメン)」or「(おしゃれ)」or「(女性を褒める)」or
         「(情熱的)」or「(すぐナンパ)」
        =「(やっぱりハンサム)」or「(遊び人)」or「(ジローラモ)」

それでもって、イタリアに行くと日本人女性は、
「日本人女」=「(モテる)」「(人気)」

というイメージが日本では一般的だと思います。


さてさて、実際はどうだったのか?
私の実体験のみを参考にして、分析してみたいと思います。


まずは、日本人女性はイタリアでモテるのか?について。

実験体:私
           (20代日本人女。背は低いが、中肉中背。イタリア語は話せない。)
調査期間:約4ヶ月(1月〜4月)
調査場所:主にローマ
問題提起:私はイタリアでモテたのか?

結果:"私"は日本人女性だが、イタリアではモテなかった
   
私は最初、イタリアに行く前、
「あー、きっと知らない男から道ばたで声かけられるんだろうな、嫌だな」 と思ってました、はい。
だって、日本人女性がイタリア人男性にナンパされる話、読んだり聞いたりしていたから。

でもでも、実際行ってみると、全然誰も声かけてくれない。
1人で歩いていても、観光地に行っても、
1週間経っても、1ヶ月経っても、
だーれも、なーにも言ってこない。
「チャオ・ベッラ」さえもない。


考察:[なぜ"私"はイタリアでモテなかったのか?]

仮定その1:日本人女性は基本、イタリアでモテるが、例外もいる
実際ナンパされたという話は多いから、たまたま私は例外的な日本人女だったのかも・・・

仮定その2:ナンパ時期は季節に関係する
私がローマにいたのは、冬〜春にかけて。前半2ヶ月半くらいは冬の寒い時期でした。
春になり始めてから、やっと私も道でチラホラと(本当に数回だけ)「チャオ・ベッラ」や
「お茶のみに行こうよ」と言われたり、
ずーっと目で追われたりすることがありました。
でも、しつこさは全くありませんでした。

大体そういうときは、普段よりもおしゃれな格好をしていたと思います。


多分、ここでお気づきの方もいることでしょう。 この実験には大事な部分が抜けています。
それは、「モテる」の定義。

ここまで、「モテる」=「ナンパされ(声かけられる)」という形で話を進めてきましたが、
それならば私は「結果、モテた」になるはずです。

でも、私の「モテる」の定義は違います。
 「モテる」=「本気で好きになってもらう」ということだと思っています。

 「チャオ・ベッラ」の「ベッラ」には特別な意味なんてないのです。
私のこと何も知らないのに、好き勝手、色々言われても困ります。
しかも、見ず知らずの誰かをどう本気で好きになれるのでしょうか?

そう考えると、やっぱり私は「モテなかった」というしかありません。

「モテる」の定義(*追加):ナンパされる  本気で好きになってもらう

結論:多分、日本人女性はイタリアで声をかけられる可能性が高いが、
   必ずしもそれがモテるということにはならない。
  (それに、ナンパされる女性は日本人だけじゃないし、ね)


補足: でも、イタリア人男性にナンパされるのは全然悪くない。(しつこくなければ)疲れてるときに、
道ばたで「チャーオ・ベッラ」と笑顔で言ってもらったときは、もうおかしくておかしくて、
こっちも笑顔になりました。ありがとう。

今回は、「イタリアで日本人女性はモテるのか?」について、
独断と偏見でつらつらと解釈を述べていきました。

次回は、イタリア人男性について、です。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...