2014/05/13

突然ですが、インドに引っ越します




このブログ『ローマからの道』を始めてから1年が経ちました。昨年2013年1月から5月までにイタリア・ローマにある大学に短期留学をし、日本に帰国後、逆ホームシックにかかっていた頃に、ローマでの思い出に浸ろうとこのブログを始めたものの、やはり帰国後に始めたからか記憶が曖昧になり、あまり臨場感のある内容を書けずじまいに。しかも、この1年間で書いたブログ記事数はたったの29。(今回の記事で30。)さらに、全ての内容がイタリアに関することではない・・・

基本的に自分のために書きはじめたブログ。でも一応誰でも読めるようにはしているから、ちゃんとした文章を書きたいとも思っている。そんなわけで、『です・ます調』にしようか、『だ・である調』で書こうか、日本語で書こうか、英語で書こうか、毎回悩むものの、結局統一できずじまい。

公開しているブログ記事にも一貫性がないし、定期的に書いているわけではないので、いわゆるフォロワーという方たちは全くいないことは間違いない。でもブログの統計を見ると、ここ1年間でページ数が1万に達しているから(多分実際は若干少ないとは思うけど)、単発で、何かの検索に引っ掛かって私のブログを読んでくれた人たちがいるんだと思う。で、そういった人たちは、何かしらイタリアかヨーロッパに関心のある人たちなんだと思う。

でも、今後イタリアについてブログを書くことは滅多にないだろう。(もともとそこまで書いていたわけではないけども。)

なぜなら、私はインドで働くことに決めたから。早ければ来月にはインドにいるだろう。

多分、私の予想だと、ヨーロッパへの観光が好きな人は、きっとインドに対して良いイメージを持っていないと思う。 インドのゴミゴミとした感じに拒否感を覚えるかもしれない。

実は、私はイタリアに3度行っているが、インドには2度行っている。1度目は私が19歳のとき、2度目はイタリア留学から帰って少し経ったとき。今回の渡航で3度目になる予定だ。

1度目のインドの際は、まだ私も若かったので、全てをポジティブな視点で捉えていた。「この、今あるたくさんの問題は、いつか解決するだろう。たくさん問題があるということは、それだけ改善の余地があるということで、インドってなんて可能性に溢れているのだろう」と。(多分ご存知かと思いますが、インドには誰もが目にすることができる問題点がたくさんあるのです。)

でも2度目のインド渡航の際は、私の考え方は変わっていた。多分、ヨーロッパを知った後だからだろう。もしくは、私がいくらか年をとったからだろう。 人口の多さ、騒音、道の汚さ、文化的建築物保存への関心の低さ、カレーの匂いに嫌気がさした。(え、1度目には感じなかったの?となるけど。)そして、1つ気づいてしまったこと。「誰にでも明らかなインドの問題点は、絶対に解決することはない。」少なくとも、私が生きている間には。ここで私が言う“明らかなインドの問題点”とは、貧困であり、街の衛生問題である。(街に関しては、あのカオス状態“汚さ”が好きな人もいることは私も知っているが)もちろん、こういった問題はどこの国でもあるけれども、インドではそれが極端すぎて、誰にでも明らかなのだ。私が失望したのは、問題が明らかなのに、全く改善の兆しが目に見えないということだった。

そんなわけで、一時はインドで働くことを夢見ていた私も、2度目のインドで、その気持ちが全く消えたのだ。だから、今回インドで働くことになっても、その選択を自分でしたとしても、特に嬉しくはない。きっと今から1年前にインドで働くということになったら、私はものすごくワクワクしていたことだろう。でも今は、私は特にインドでの生活に対して何も期待はしていないのだ。

多分私はヨーロッパかぶれになったのだろう。あの落ち着いた、文化・歴史に重きを置く、住みやすい雰囲気を一度体験してしまうと、 どうしてもヨーロッパの国と、その他地域の国を比較してしまうのだ。だから、別にインドの街の雰囲気だけに拒否感を示したわけではない。イタリア留学から日本に帰った時は、それはそれは人の多さと街の汚さにショックを受けた。そして今でもショックは消えていない。

でも、そんなことをグダグダ言っても仕方がないのだ。現実は、私は日本生まれの、日本育ち。実家は日本にある。そして私は近々インドで働く、ということなのだから。だから、現実をひしと受け止め、少しだけポジティブに考えようと思う。つまりこういうことだ:

イタリア・日本・インド、この全く異なる国の共通点を挙げるとしたら、歴史の長さがあげられるだろう。ある説によると、日本は世界で最も古い国家らしい。つまり、世界で最も古い国家で生まれた私は、無意識的に歴史の長い国に惹かれたのであろう。そして、私は、首都育ちなのだ。一応東京生まれ・育ちなのだが、イタリアにいた時は首都ローマにいた。そして今度インドで働く際は、インドの首都デリー(付近)となる。やっぱり、首都って魅力的よね。でね、でね、ローマとデリーって実は共通点があるの♥それは、両方とも世界遺産を持っているということ。東京って実は23区にはない(小笠原にはたくさんあるのだけども)。だから私は世界遺産のある首都に魅力を感じてしまう。あとは・・・ローマって意外と雑多とした場所で、デリーに似てる。こんなことをイタリア人に言ったら、間違いなく怒られるだろうけども。でもイタリア・パルマに長年住んでいた日本人は、「ローマは汚くて嫌い」と言っていた。私も、最初にローマに着いた時は、「なんか汚い・・・」と思ってた。他にデリーとローマの共通点は・・・車が歩行者のために止まってくれない。運転手のマナーが悪い。あまり水の質がよろしくない。ナンパが多い(と言われる)。。。。。。

この辺でやめとこう。

とにかく、私が言いたいことは・・・きっとインドも魅力的な国だと思う。歴史も長いし、宗教と絡んで文化も発展したし、デリーあたりだったら、イスラムのムガル帝国時代に作られた建築物が素敵だし、イギリス統治下にあった時代に作られたものも残されているし。ただ、そういったことが、色々と隠れてしまっているだけで、全ての偏見をなくしたら、きっと素晴らしい遺産が見えてくるはず。ローマのように。

だからせっかくなので、今後はインドについてブログを書こうかと思う。(本業で力尽きなければ。)今のブログ内で書くのか、新しくブログを作るのかは迷っているけども。私にとっては、やっぱりローマが一番の思い出の場所だからこのままここでインドについて書くのも悪くはないと思うけども、新しく作るのも悪くはないと思う。もしインドに関するブログを作るとしたら、タイトルは『See without prejudice』に。ジョージ・マイケルのアルバム『Listen without prejudice』のような。

インドで働くことを機に、ローマでの思い出を引きずることは今日で止めようと思う。あれから1年経って、どんどん記憶が曖昧になっているのに、自分を騙して、思い出せないものを思い出だと言い聞かせていた気がする。忘れたくないことを忘れてしまった自分を認めたくなかったから。大事だと思っていたものが大事でなくなる気がして怖かったから。だから今までイタリアにこだわって、イタリアに関わる仕事をちょろっとしたり、つい最近もローマに行ってきたりしたけども、それももう終わり。

今日は、私が通っていたローマにある大学で卒業式が行われるらしい。私の知り合いも出席していて、今日で卒業だ。私は日本で通っていた大学を去年に卒業したけれども、卒業式は今年だったらしい。でも、自分の卒業式には参加しなかった。だから、勝手だけれども、今日を私の卒業式にしてしまおう。

今までの過去に、「さようなら」ではなく、「ありがとう」と、
そしてこれからの出来事に、不安と少々の希望を込めて。

Grazie di cuore della bella esperienza.

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...