2014/10/27

【インド上級者編?】デリーでインドっぽくないことをしたくなったら


さて、突然ですが、質問です。
(Yes/Noで答えてください。)

あなたは、インド・デリーに行く予定がありますか?



インド観光は楽しみだけれども、インド料理は苦手ですか?
もしくは、別に観光中に毎回インド料理じゃなくてもいいと思いますか?



旅行資金は多いですか?



ちょっとお金持ち風な雰囲気に包まれてみたい?



その、いわゆるインドのマハラジャ級の金持ちじゃなくて、まぁまぁそこそこのお金持ち風の雰囲気だけれども、それでもいい?



インドにいるくせに、ヨーロッパにいるような錯覚に陥ってみたい?



あなたがデリーにいる時期は、秋〜冬の季節?



そこまで食事の味にはうるさくない?



歌のうまさ(演奏の質)にこだわりはない?




もし、以上の質問全てにあなたが当てはまるのであれば、ぜひ世界遺産クトゥブ・ミナール(Qutub Minar)の近くにあるレストラン「Olive Bar & Kitchen ("One Style Mile")」に寄ってみてください。

レストランは、Qutub Minarから歩いて4分程度のところにあります。 Qutub Minarの入り口を背にして左方向に進みます。そして、Qutuba Minarの敷地に沿うようにして緩やかな坂を上がって行きます。白い建物がいくつかあるので、その方向に歩いて行くと、一番最初にある写真のように「One Style Mile」にたどり着きます。

2003年にオープン以来、数々の賞を受賞してきたという、このレストラン。
ということは、食事が美味しいということだが、それ以上に、建物と雰囲気が素晴らしい!

地中海料理を提供しているからなのかどうかはわからないが、レストランの雰囲気は、まさに地中海側のヨーロッパ(ギリシャとか)。表現がそのまま過ぎるけれども。。。

じゃあ、ただ単にヨーロッパの建物をまねして作ったレストランなのかというと、
違う!!!

このレストランがある建物はつい最近建てられたものではなくて、18世紀に建てられて、Saraiさんという人物が当時所有していたハヴェリ(Haveli)、つまり、インドの(豪華な)個人マンションの一部を使用しているのだ。

だから、なんとな〜く、優雅な香りが漂っているような・・・気分。

ちなみに当時Saraiさんが所有していたハヴェリは1918年に取り壊され、取り壊されたパーツがそれぞれ違う人たちのものに渡り、現在「Olive Bar & Kitchen」が入っている建物はSarai家とは全く関係のない人が所有しているとのこと。

さてさて、白い壁の建物に似合うものと言えば・・・緑よね。

もちろんレストラン室内で食事もできるけれども、屋外で食事をすることをオススメ。お昼のランチ時間、ちょうど良い日光を感じながら、立派な木の葉が作る木陰の下で食事をするのって、ものすごく・・・・

ヨーロッパっぽい。

でも、あまりにも暑かったり、寒かったりしたら外で食べられない。だから、デリーで一番良い季節の秋〜冬の初旬がオススメというわけ。

レストランにはインド人も多いけれども、良いところの人たちばかり(かといって、バリバリに、パーティーに出席するような格好はしていないので
ご安心を。)そして、インドに住んでいるような外人も多い。(日本で言う、駐在員たちとその家族?)観光客っぽい人は、今回私が行ったときは、見かけなかった。

だから、「ちょっとワタクシ、普通の観光客とは違くってよ、モダンなインドのハイソな感じを楽しみたいの」っていう人なら、結構気に入るかも。

レストランの雰囲気はこれくらいにして、肝心の食事の感想を。

うーん、まぁ、美味しかったけれども、別に感動するほどの美味しさではないかも。普通に「美味しいね」って思う程度の、美味しさ。

ただ、インドに在住している日本人から言わさせていただきますと、普通に美味しい魚介類とか、牛肉のハンバーガーを食べられる、ということは、

普通じゃない。凄いことなのだ!!!!

(とは言っても、私にとっては、「まあ、すごいね」程度。他のインド在住の日本人だったら、もっと感動する。)

そういう裏事情を考えたら、まあ、食事の味も上出来。あとは、日曜日のブランチ(ビュッフェ)が一人税込みRs3200(約5500円)、もしくはアルコールなしでRs2500(約4300円)が安いと思うか、高いと思うかの問題である。

その他一点だけ残念点をあげると、ラウンジミュージックとして流れていた生ボーカルが微妙だった点である。男性と女性が、録音されたバックミュージックに合わせて歌っていたのだけれども、なんかビミョー。下手じゃないけれども、上手くない。「とりあえず何かしら音楽が流れていたほうがいいでしょ」的な感じの出来具合だから、特に演奏を楽しむことはできなかった。

ただ、これは別に批判ではない。ただ単に、そこまで上手ではなかった、と言っているだけ。


総合的にレストランを評価すると、10点中8点。その主な要素はもちろん、レストランがある建物と、雰囲気である。

今はちょうど改装中だったが、レストランと同じ場所にデザイナーズショップが新たにできるみたいなので、ついでがてら、寄ってみるのもいいかもしれない。

あ!あと言い忘れていたことがあった!

今回写真は撮っていないけれども、というか、撮っていないのが当たり前なのだけども、
レストランのトイレのデザインがとーーーーーっても、素敵で、感動した。

外と同じように白い壁で作られていて、洗面所がすっごくオシャレだったの。なんていうのかしら、コロニアル風?

ああ、こんなトイレうちにも欲しい、というか、ここ綺麗すぎるから住めるんじゃないの?って思うほど。

もしOlive Bar & Kitchenで食事をする場合は、トイレには必ず寄ってください。
で、できればトイレの写真を撮って、私に送ってください(笑)


以下、レストランの情報と、私が撮ってきた写真をどうぞ↓↓↓

Olive Bar & Kitchen
住所:One Style Mile, Haveli No. 6, Kalka Das Marg, Mehrauli, New Delhi, DL 110030 インド
電話番号: +911129574444(事前予約をすることをオススメ)
営業時間: 12時30分~0時00分
ホームページ: http://www.olivebarandkitchen.com/

その他、同系列のレストランがムンバイ、プネ等にもあるようです。














【関連リンク】
お気に入りのローマの観光ルート
デリーでオススメ、見学だけOKなアンティーク家具屋さん

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...