2016/05/14

オードリー・ヘップバーン似の、このインド美女は一体誰!?




happening.mediaより

とあるサイトで、たまたま見つけた、オードリー・ヘップバーン似のこのインド人美女に目が釘付け。

あまりインド人ぽくないな、と思ったが、紹介文をよむと、"インドで最も美しい女性の一人"とされているので、どうやらインド人らしい。

pbs.twimg.comより

彼女の名前は、フェローゼ・グジャラル(Feroze Gujral)。 名前もなんだかインドっぽくない。

調べてみると、彼女は、インド人とイギリス人のハーフのお母さんと、インド人とアラブ人のハーフのお父さんの間に生まれたという。

つまり、インド人とその他のハーフ。

なるほど、納得。

vogue.inより

visheshverma.prosite.comより

写真によっては、アメリカのお騒がせセレブ、キム・カーダシアンや、イタリアの女優、モニカ・ベルッチにどこか似ているようにも見える。

どちらにしても、美人である。

知性と気品溢れる容貌を持つフェローゼは、17歳でモデルのキャリアをスタート。90年代に、インドを代表するコスメブランドや、インドでも有名な国際的ファッションブランドの広告塔となり、たちまちインドで一世風靡するスーパーモデルとなった。しかし、わずか数年後、有名建築家のインド人男性と結婚。結婚後、モデルの世界から引退。22歳で子供を授かったー


と、ここで、彼女のストーリーは終わらなかった!


結婚を機にモデルを引退後、フェローゼは大学で法律を勉強し、優秀な成績で卒業。そして、デザインスタジオの経営をしたり、インドでのストリーミングサービス事業を展開する企業の創立者になったりと、ビジネスの世界で活躍。現在は、建築家であり、DLFの副社長である夫が設立した、建築とデザインの会社のダイレクターを務めている。

visheshverma.prosite.comより

また、フェローゼは慈善活動にも積極的だ。

夫と共に、アーティストやアートプロジェクトを支援する慈善団体The Gujral Foundationを運営。Gujral Foundationは、これまでに、2014年にニューヨークにあるソロモン・R・グッゲンハイム美術館にて行われた、インドで活躍する抽象画家のエキシビジョンのサポートや、2015年にヴェニスで行われた国際美術展覧会ヴェネツィア・ビエンナーレにて、初の試みとなるインドとパキスタンの共同展示場を手がけるサポート等、様々な活動を行っている。

フェローゼはGujaral Foundationを手がけることにより、インドにおけるコンテンポラリーアートの促進に多大なる貢献を果たしている偉大なる女性の一人と注目を集めている。

www.artsy.netより

モデルから事業家・慈善活動家への見事なる変貌を遂げた彼女はこう言う。


「私は今まで、自分の意志に従って動いてきたの。インドでは、自分で自分をストップさせる傾向があるけれども、どうしてなのか私にはわからない。私は22歳で子供を産んだ。夫が私を大学に行かせた。そうしてから、何も私の行動をストップさせることができないの!」 


参考文献:
https://en.wikipedia.org/wiki/Feroze_Gujral 
http://www.dnaindia.com/lifestyle/report-age-is-just-a-myth-1256555
https://www.artsy.net/article/artsy-editorial-these-8-women-are-leading-the-indian-art-world
http://www.dnaindia.com/lifestyle/report-how-90s-super-model-became-a-pillar-of-india-s-art-community-2072749








Likeしていただけると、嬉しいです♡





1 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...