2016/06/27

デリーにおけるドライブデートの黄金ルート



グルガオンに住んでいる身としては、なぜかデリーに行くとワクワクしてしまう。

グルガオンの方がデリーよりは住みやすいだろうし、ショッピングモールも多くて便利だけれども、やっぱり、グルガオンには歴史も文化もないのだ。首都デリーの街並みは、グルガオンと違って、独特の雰囲気を醸し出している。

そんなデリーへの憧れを持つグルガオン在住の私には、グルガオンからデリーへと向かうお気に入りのルートがある。そのルートは、私がまだインドに来てから3週間くらいの頃に、 グルガオンにあるオフィスからデリーにある客先へのオフィスへ上司と共に向かった時に発見した。私は超興奮して、車の窓越しから写真を撮ろうとしていた横で、上司は全く窓の外には興味を示さずに、パソコンで仕事作業を行っていた。どうして、この景色にこの人は感動しないのだろうかと不思議に思いながら、私は興奮気味に運転手に「この場所、格好いい!」と喋りかけていたっけ。

あれから、そのルートを通ったのは、この2年間で5回くらいしかない。それでも、私は相変わらず、そのルートを通る時は感動してしまう。

ついこの間、バイクでのツーリングが趣味だという、ちょいワルでちょい強面の男性と意気投合し、 日曜日の朝にバイクで私のお気に入りのルートを回ろうかと誘ってもらった。彼が勤める会社からはインドにおいて、自分で車を運転することを禁止されているにも関わらず、「バイクは禁止されていないからね」と子供が言うような言い訳をして、ちゃっかりインドでもツーリングを行っている。私はもちろん、バイクの運転などできないから、彼の後ろに乗っけてもらうだけ。

日曜日の朝6時、私の住むマンションまで彼に迎えに来てもらい、グルガオンを出発する。サリーを着ているインド人女性が、バイクに乗っけてもらう時にする"オードリー・ヘップバーン風の横座り"を私もどうしても試してみたくて、横座りで彼の背後に座るものの、バイクが走り出すとバランスを保つことができなくて、意外と難しいことに気づき、結局普通の座り方で、バイクに跨る。

さすがに日曜早朝は道も空いていて、ツーリングには最適だ。

今日の目的地はコンノート・プレース。グルガオンからデリーに向かうために、NH8の高速道路に乗る。デリー市内で高速道路を降りるまでの道は全然大したことはない。ただ、風とかバイクのスピードとかをもろ体に受ける感覚を楽しむのみ。

高速道路を降りて、右手側にインドで格調高いITC Mauryaホテルが見えてくると、そろそろ私のお気に入りルートに突入することがわかる。ここら辺から、道は綺麗に整備された、おしゃれな街並みを楽しむことができる。

ITC Mauryaホテルが位置するSardar Patel Marg通りを突き進んでT字路となったところに、ガンジーと彼の支持者が行進している彫刻が見える。ここから本格的に、"デリーにおけるドライブ(ツーリング)デートの黄金ルート"が始まる。

黄金ルート観光スポット①『ガンジーと信者による塩の行進』像


dphotographer.co.ukより

結構、重厚でスケールの大きい像。1930年にグジャラート州でガンジーとその信者によって行われた、イギリスからの独立運動の一環である『塩の行進』の場面を表現している。

黄金ルート観光スポット② "王様の道" Rajpathエリア




『塩の行進像』があるT字路を右折してさらに進んで行き、"黄金ルート"のハイライトの場所へ向かう。その場所とは、Rajpath(ラジパース)、またの名を、『王様の道』。いかにも、って場所でしょ。

ここRajpathエリアは他のどの場所とも違う。とにかく十分にゆとりのある空間が広がり、ゴミは道端に落ちていなく、格調高い大きな建物がいくつか、ドーンと周囲に建っている。なぜここだけ、『王様の道』と呼ぶにふさわしい完璧な空間になっているのかというと、Rajpathエリアは、イギリス統治時代に、イギリス人建築家のエドウィン・ラッチェンスによって"最も重要な場所"として、設計されたから。今ではこの場所にて、年1回、超ド派手なインドの独立記念日パレードが行なわれている。

さて、ガンジー像から、ここRajpathエリアに入ってきましたら、左側をご覧ください。インド大統領官邸がございます。そして大統領官邸から結ばれた反対側には、インド門が見えます。大体いつも、大統領官邸からインド門を眺めると、霧がかっていて、よく見えません。ちなみに、あのインド門は、遠くから眺めるだけで結構です。インド門の近くによると、物売りや人混みの多さにイライラすることでしょう。あ、それから大統領官邸の奥の方に見える円形状の建物は、国会議事堂となっております。

・・・・正直、これらの建物は遠くから眺めていた方が綺麗だし、今回はツーリングを楽しむことが目的なので、私とちょいワルかつちょい強面の2人は通り過ぎるだけ。最終目的地、コンノート・プレイスに向かった。

黄金ルート観光スポット③コンノート・プレース


昔のコンノート・プレイスの様子(citiesandstories.blogspot.com)

言わずと知れた、デリーの観光地。でも、インド在住者からは評判が悪い。"とにかく騙される場所"だと有名。ただ、開拓すれば、素敵なお店は結構ありそうだ。コンノート・プレースには、日本食レストランの『富士』(結構ちゃんとした日本食レストラン)や、美味しいインド料理を安く食べれる『Madras Coffee House』や、おしゃれな内装の『スターバックス』などあるけれども、私たちがコンノート・プレイスに到着したのはまだ朝7時半頃だったので、どの店も開いていない。今回は、コンノート・プレイスにある高級ホテル『The Lalit』内で24時間営業しているレストランにて朝食を食べることとなった。


早朝のツーリングからのホテルでの朝食って、最高!目の前にいるちょいワルでちょい強面の男性が、白馬の王子様に見えてくる。いや、違う、バイクの王子様か。

グルガオンへの帰り道はやや混んでいたものの、何のストレスもなく家に着いた。バイクの王子様に感謝を述べ見送り、自分の部屋に着くなり、2度寝をする。

もしあなたが、黄金ルートを車で回りたいのであれば、それでも全然構わない。ただ、景色が窓越しになるだけ。でも、もし、バイクで回りたい、でも、誰も運転してくれる人がいない、としたなら。問題ない。バイク野郎を雇えばいいだけだから!インドでも有名な配車アプリ『Uber』では、車だけではなく、バイクも呼べる。しかも、安い。ここで、バイク野郎を雇うというのも手である。

ただし。

安全への考慮は自分で行ってください。


【デリーにおけるドライブデートの黄金ルート】









Likeしていただけると、嬉しいです♡





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...