2016/07/18

B型のあなたはインド向き!?インド在住日本人の血液型割合を検証!

インドにおける日本人コミュニティーにどっぷりと浸かって、なんとなーく感じること。

インドで働いている日本人って、B型の人、多くない!?

なぜか、私が勤めている会社で働く日本人駐在員たちは、血液型がB型の人が多い。10人いたら5人くらいがB型というような感じ。一方、A型は10人に2人くらいの確率。

仕事の客先の日本人と雑談をする際に、血液型の話題がよく持ち上がるのだが、その時も、B型の日本人が多い気がする。そして、いつもこんな結論で、血液型の話題は終了する:「いやぁ〜、ここの日本人ってB型が多いですよね。インド人もB型が多いので、インドに対応出来る日本人が、インドにやって来るということなんじゃないですか。」

実際、インド人にはB型が多く、世界的に見てもインドにはB型割合が高いらしい。インド人の血液型割合は、Wikipedia情報によると、以下の通り。

Wikipediaより

血液型が細かく分かれているけど、シンプルな4タイプに絞ると・・・

【インド人血液型ランキング】
  1. O型 --- 37.1%
  2. B型 --- 32.2%
  3. A型 --- 22.9%
  4. AB型 --- 7.7%
B型が多いと言ってたものの、実は、O型人間がインドでは1番多いらしい。A型は3位、AB型は、4位となっている。もちろん、統計に使うサンプルによって結果は変わってくる。

一方、日本人の血液型ランキングはというと・・・(同じWikipediaの情報を使用)

【日本人血液型ランキング】
  1.  A型 --- 40%
  2.  O型 --- 30.05%
  3.  B型 --- 20%
  4.  AB型 --- 9.95%
やっぱり、日本人で一番多い血液型はA型。3位のB型が、インド在住の日本人の中でマジョリティーとなるなんて、ありえるのだろうか?と疑問に感じる。

そんなわけで、簡単な調査をすることにした。

問題提起:インドで働く日本人にはB型が多いのか?(インドで働く人限定にしたのは、個人的によく接するのがインドで働く日本人たちで、その人たちの中ではB型が多い気がしたから。)

検証方法:インド在住日本人が利用しているFacebookのグループ掲示板にて、(現在・過去に)インドで就労経験がある日本人を対象に、血液型のアンケートを取り、各血液型の割合を調べる。

アンケート実施期間:2016/7/15-7/17

アンケート回答者数:163名


インドで働く日本人の血液型ランキング結果は以下の通り:

【インドで働く日本人血液型ランキング】
  1. B型 --- 31% (50名)
  2. O型 --- 31% (50名)
  3. A型 --- 29% (48名)
  4. AB型 --- 9% (15名)  
B型、O型が1位となり、A型が3位、AB型が4位との結果に。
日本人全体の血液型割合と、インドで働く日本人の血液型割合を比較してみると、以下の通りとなる。


日本人全体の割合インドにいる日本人の割合インドにおいて・・・
A型40%29%11%のダウン↓
B型20%31%11%のアップ↑
O型30.05%31%0.05%のアップ↑
AB型9.95%9%0.95%のダウン↓

O型、AB型日本人人口は、日本でもインドでもほとんど同じであるものの、インド在住日本人の内、A型日本人が11%減り、代わりにB型日本人が11%増えている。やはり、B型日本人の率がインドでは高いようだ。

なぜ、そうなるのだろうか?

自分でインドで働くことを決めた人が「自分はB型だから」という理由で、インドを選んだわけでもなければ、会社の命令でインドに働くことになった人も、「B型だから」という理由で、会社に選ばれることはないだろう。

それにもかかわらず、B型人口が多いインドにおいて、B型日本人の割合も多くなるということは、何かしらの運命的要素が働いているのではないか。

そんなわけで、B型の日本人の皆様、要注意。いつかあなたも、インドに呼ばれるかもしれません。少なくとも、他の血液型の人たちよりは、その可能性が高いようです。





Likeしていただけると、嬉しいです♡





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...