2017/01/25

オスカー最多ノミネート映画『ラ・ラ・ランド』とリコーのCMに見る、”そうなっていたかもしれない人生”





※ネタバレ注意。

2016年にアメリカで公開された、エマ・ストーン、ライアン・ゴズリング主演による、完全オリジナルなミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。(日本では、2017年2月に公開予定。)

たまたま2日前に、「最近のハリウッド映画には、役者のクローズアップシーンが多い」と論する記事の中でこの"クラシカル風"映画が取り上げられていて、気になって検索していたら、どうやら私の住むシンガポールでは、まさにこの瞬間、劇場公開されていることを知り、早速観に行くことに。


『ラ・ラ・ランド』予告編



ストーリーは、"ある意味"王道もの。それぞれの夢を抱えた、女優を目指すミア(演:エマ・ストーン)とジャズピアニストを目指すセブ(演:ライアン・ゴズリング)が出会い、恋に落ち、愛を育み、そしてすれ違っていくストーリー。

え、すれ違う?

・・・それって王道なの?

となるかもしれないですが、

それも"ある意味"王道なんです。(断言。)

ストーリーは後に置いておいて、映画冒頭から感じた直感的な感想は、

「あ、明らかにアカデミー賞狙ってるな」

そして、

「狙ってる感ありすぎだけど、でもそんなのどうでもよくて、この映画素晴らしすぎる!」

でした。





実際、私が映画を観た次の日に第89回アカデミー賞ノミネート発表されたのですが、『ラ・ラ・ランド』は見事に最多ノミネートとなりました。

アカデミー審査員が好きそうな、"古き良き時代の映画へのオマージュ"をこの映画は取り入れています。(私は観ていないのですが、2011年の作品で、2012年度アカデミー賞作品賞を受賞した無声映画『アーティスト』は、現代の映画であるにも拘らず、懐かしきサイレント映画時代を描き、アカデミー審査員から評価を受けました。)

『ラ・ラ・ランド』は現代の映画であるにも拘らず、そして映画の中の時代設定も現代であるのに、音楽やダンスシーン、女優を目指すミアの格好、映像のトーンなど、古き良き時代のクラシカルな映画そのままです。

ただ、「あれ、これって昔の時代を描いているのかな?」と錯覚し始めた頃合いに、iphoneの着信音が鳴ったりと、うまい具合に現実に引き戻してくれるのが、この映画のずるいところです。

さて、私はミュージカルが好きで、かつ、オードリー・ヘップバーンの映画とか、そういうクラシカルでハッピーな映画が好きなので、ミアとセブの恋模様を表すミュージカル調ストーリーを見ていると、とにかくハッピーな気分になりました。

でも、お互いすれ違いが起こり始めてからは、ミュージカルシーンも消え去り、ミアは普通の格好をし出し、夢の世界も終わって、完全に現実に引き戻され、私は号泣。

今考えると何故、映画の途中で号泣し始めたのか自分でも謎ですが、でも多分、それなりに恋愛映画を見てきた私はこの結末がどうなるのか、分かってしまったのかもしれません。

恋愛映画の王道パターンとしては、簡単に分けると

① 2人は一緒になり、幸せに暮らしました。

②2人はすれ違い、別々の人生を歩みました。

で、今回は、後者のパターン。

それじゃあ、悲しい結末なのかというと、そんなことはありません。むしろ、王道モノのハッピーエンディングです。

それは、2人が自分の夢を追い続けて、何かを犠牲にしながらも、その夢を結果叶えたから、というだけではなく、2人は一緒の人生を歩むことができなかったけれども、それでも別々の人生でも幸せに暮らしているから。

(そもそも、2人がちゃんと夢を叶えた、というのが、そもそも映画らしいし、それで良い。)

映画の終盤、女優となったミアは夫とともにたまたま入ったクラブで、セブを見かけます。セブは、ジャズピアニストとして、自分が求めるジャズを再現するクラブを持つ夢を叶えていました。

セブはミアを目にして動揺しながらも、ピアノを弾き始めます。

そこで映画は、2人が初めて出会った時間へと遡り、そこから、あのハッピーなミュージカル調の音楽とともに、パーフェクトなシナリオを観客に見せます。

あの日、あの時、あの場所で、ああなっていたら、二人はこんなパーフェクトな人生を歩んでいた・・・・・・

けど、実際は違う。

(ここで、さらに号泣。。。)

2人は互いに話しかけることはしませんでしたが、微笑み合います。それが、全てを語るのです。これもハッピーエンドなのだと。

人はよく考えてしまいます。「あの時、こうしていたら、どうなっていたんだろう」「私の人生、もしかしたら今頃、こうなっていたかもしれないのに」。

でも、残念ながら、今とは違う人生がどうなっていたかなんて分かりません。もしかしたら、パーフェクトな人生を送れたのかもしれないけれども、それじゃあ、今のパーフェクトではない生活を嘆くべきなのかというとそんなことはありません。

ミアは、セブと一緒にはなれませんでしたが、女優として成功し、また違う人と恋に落ち、結婚し、子供もできました。そしてその生活は、全然悪くなんかありません。むしろ幸せです。

この映画を観て、私は大好きなリコーのCMを思い出しました。それが、これです。


リコーCM



子供の頃、プロ野球選手になりたかった人、ミュージシャンになりたかった人、宇宙飛行士になりたかった人・・・

大人になった時、子供の頃見ていた夢とは違うかもしれないけれども、この仕事(ここでは、多分、リコーでの仕事)で本当の自分になれた。

というリコーのCM。


そうそう、これなんです。

そうなっていたかもしれないけれども、ならなかった人生。それも悪くない。

『ラ・ラ・ ランド』の最大のメッセージはこれなんじゃないかなと私は思います。

そして、今ある人生は、過去の出来事のおかげ。

うん、間違い無しに『ラ・ラ・ランド』はアカデミー賞を取れます!!!


『ラ・ラ・ランド』レンタル視聴するなら:







Likeしていただけると、嬉しいです♡





2017/01/15

シンガポールライフ3週目:幸せな瞬間



シンガポール生活も早3週目。シンガポールで働き始めてから2週目。


嫌なことや、イライラすることも出てきました。


例えば、シンガポール人の同僚の1人が本当に腹立たしい人だとか。。

プライベートでたまたま知り合った、自分は全然興味のないシンガポール人男たちから誘いを受けたりとか。。(どうやら、シンガポールでは日本人女性は人気なようです。私にはどうでもいいことなのですが。)


もし私がシンガポールの中心街に住んでいたら、多分今頃早くもシンガポールへの興味をなくしていたかもしれませんが、幸い私は大好きなイーストコーストエリアに住んでいるので、海にものすごく近いお家に戻ってくれさえすれば、中心街で感じるストレスを溜め込まずに済みます。

なので本当に、興味のない男性からマリーナベイサンズの景色が見えるバーで高いお酒を奢ってもらう時間があるならば、一人でイーストコーストパーク沿いの海辺を散歩したり、レンタル自転車に乗ってちょっと遠くまで行ってみる方が断然いいです。

なので、次からは興味のない男性からのお誘いは、一切断ります笑


さて、今週特に幸せだった瞬間が2つあります。

一つは、マリーナベイサンズでの景色を見た瞬間と、もう一つは、いつも通りイーストコーストパークで見た瞬間です。

どちらかが明け方で、どちらかが夕暮れ前です。


どっちがどうでしょうか?(簡単な質問かしら。。)





正解:

上の写真が、明け方のマリーナベイサンズです。いつもよりちょっと遅く(朝7時くらい)にバスに乗って、自分が住んでいるイーストコーストから中心街にあるオフィスへ向かう際に見た窓越しの景色です。いつも通る道なのですが、朝はもっと早く出て外は暗いので、明け方の景色は初めて見て感動しました。(ちなみに私はマリーナベイの夜景にはあまり興味がありません(・_・; )

下の写真は、夕暮れ前のイーストコーストパークです。いつもは夜7時くらいに家に帰ってきて、その後海辺に向かうと夜8時前になるので、もう少しあたりが暗いのですが、この日は早く家に帰ってきて、海辺に6時位に行ったので、いつもとは若干違う景色を見れて幸せでした。

イーストコーストパークは、本当は朝も夜も毎日行きたい場所。

海を眺めながら、波の音を聞くのもよし。

あるいは、海を眺めながら、エルトン・ジョンの曲を聴くのもよし!

【Don't Let the Sun Go Down on Me】







Likeしていただけると、嬉しいです♡





2017/01/08

シンガポールでのシェアハウス生活



例えば、シンガポールのシェアハウスは、Easy Roommate で探せます。

シンガポールで生活するにあたり、一番心配だったのが家探しでしたが、渡星後1週間もしない内に、ラッキーなことに無事住む場所が見つかりました。

私は日本人が言うところの現地採用としてシンガポールで働くため、家賃の予算にも限りがあり、かつ、独り身なため、シンガポールではユニットをシェアする選択にしました。

インドに住んでいた時は一人暮らしだったので、20代半ばなのに今更家をシェアなんて、と思っていましたが、シンガポールでのシェア生活は自分が想像していたのとは違って意外と快適です。

シンガポールの住居には、一軒家、コンドミニアム、HDB(政府がシンガポール人用に建てた市営アパート)がありますが、私が住んでいるのはコンドミニアムです。コンドミニアムはHDBに比べると、建物や部屋のコンディションが良い場合が多いです。

シェアハウスの契約方法も、ユニット(家)を持っているオーナーが各個室をそれぞれテナントに貸すという方法と、ある一人がオーナーからユニットを丸ごと借り、自分が使っていない部屋を誰かに貸す方法があります。 私の場合は、オーナーとの直接契約です。オーナー自身が家に住んでいる場合もありますが、それだと色々不便なこともあるみたいなので、私はオーナーが住んでいないところを選びました。

通常ベッドルームが3つあるようなアパートを3人くらいでシェアするのが一般的なのかもしれませんが、私が住むところは、ベッドルームが5つあり、各ルームメイトがそれぞれ鍵付きの個室を持っています。共有部分は、キッチン、ユニットバスルーム、ダイニングルームです。

私が住む家のダイニングルームが非常に狭く、TVやソファーがあるはずのリビングスペースもないため、ルームメイト達が交流する場所はないです。多分、大家さんがリビングルームのスペースを改装して、ルームシェア用のアパートとして個室を増やしたんだと思います。私もいくつかシェアハウスを見ましたが、普通に家族が住むようなアパートを何人かでシェアするようなところと、ルームシェア用に間取りが作られているようなアパートをそれぞれ見かけました。

さて、私が住んでいるユニットにはすでに、シンガポール女性、マレージア女性、インド人女性の3人が住んでいました。見たところ、皆私よりも年上です。(マレーシア女性は30代に見えるのに、44歳だと言ってました(゚O゚) 。。)一番長く住んでいるのが、インド人女性らしいです。

インド人女性以外はフレンドリーな人たちですが、とは言っても、ルームメイト同士、付かず離れずの関係で、お互い干渉は全くしません。なので、入居した時に、すでにいるルームメイト達が仲良しすぎて輪に入りにくいということもなく、かつ、ルームメイトとの付き合いに気を遣うということも全くありません。最悪、例えばキッチンでルームメイトに会って挨拶をしなくても態度が悪いとは思われません。

また、基本、それぞれ家にいるときは自分の個室に引きこもっています。(リビングルームがないから、というのもありますが。。)個室スペースは広いので、引きこもっても息苦しさは感じません。

私以外のルームメイト達は朝シャン派らしく、朝にバスルームの取り合いになるみたいですが、私はお風呂は夜派ですし、朝はヨガのレッスンを受けてから職場に向かうので、皆が起きる前には家を出ているため、何の影響もありません。

シンガポールでシェアをする時に、条件として「料理しちゃダメ」= "No cooking allowed" や「簡単な料理(例えば、お湯を沸かす、インスタントヌードルを作る、野菜を切る、等)は可 」= "Light cooking allowed" という意味不明なことを要求される場合もあります。賃貸契約書には、 (簡単な料理は可)と記載されており、料理していいレシピに制限があるのか不安でしたが、オーナーは「ちゃんと後片付けすれば、料理していいよ」と言っていたし、見学時にキッチンを見ると調理器具も多く置かれていたので、"Light cooking"ではなく、"Heavy cooking"でもOKということにしました。

実際にインド人ルームメイトは、ベジタリアンだからか毎日ヘビーな料理を調理しています。私がキッチンに行くと、必ず誰かとヒンディー語で電話をしながら、料理をしているのを見かけます。冷蔵庫には、彼女の食料でほぼ一杯で、私の食料を置けるスペースが一段しかないですが、その代わりに冷凍庫の部分を結構使わせてもらっています。

こんな感じな気楽なシェアハウス生活で、気になる家賃ですが、光熱費と共有部分の週1のメイドさんによる清掃サービス代込みで、日本円だと大体月7万円くらいです。個室の広さとか、自由に料理ができるキッチンとか、ルームメイトとの間のストレスのなさを考えると、この金額はお得だなと思っています。また、インドに住んでいた時は、一人暮らしでちゃんとした高層アパートに住んでいた時は、光熱費も含めて月6万5000円くらいだったので、自分のインド時代と比べてもお得だなと思います。

ただ、私はイーストコーストエリアに住んでいるので、広めの部屋のアパートで安く済んでいますが、中心部になると家賃が高かったり、部屋が狭かったりと条件が悪くなるかもしれません。

私の家は職場がある中心部からバスで30分程度の距離はありますが、海岸にも近く、日本食スーパーもあり、非常に便利なので、個人的に立地も最高だと思っています。

良いロケーションと良いシェアハウスに恵まれて、私のシンガポール生活の先行きは安泰な予感がしてます(^。^)





Likeしていただけると、嬉しいです♡






2017/01/05

"イースト・コースター"としてのシンガポールライフ2週目




シンガポールに来て数日目で、私は"イースト・コースター"になりました。

"イースト・コースター"とは何?

と言うと、

"イースト・コースター"

 "East Coaster"

 "イースト・コーストエリアに住んでいる人"

という意味です。

シンガポールでは"イースト・コースター"という表現が存在していないと思いますが、勝手に私がイースト・コーストエリア在住者をそう名付けました。

そして、もう少し偏った目線で細かく定義すると、"イースト・コースト・パーク沿い付近に住んでいて、それを満喫している人"とします。

イースト・コーストエリアはシンガポールの南東側にあり、ダウンタウン(観光&ショッピングスポットが密集している中心部)からは大体バスで30分前後、チャンギ空港まで10分前後のところにあります。

そして、イースト・コースト・パークは海岸沿いにある、地図上では細長い公園で、ジョギングコースがあったり、自転車レンタルができたり、屋外バーベキューができたりと、アウトドアのアクティビティには打って付けの場所です。

その公園沿いに住んでいる人となると、具体的には、Marine Paradeというエリアや、一部のUpper East Coastエリアに住んでいる人達でしょうか。

シンガポールにおける"イースト・コースター"はどんな人たち?という独断と偏見による説明は、また今度ということにしますが、ちょいヒントを出すしておくと、イースト・コースター達は、中心部のシティーに住んでいる人たちとは、若干異なります。

と、私は勝手に解釈をしています。

そんなわけで、イースト・コースターである私も、シンガポールで2週目に突入しました。

1週目は、やや観光客気分でしたが、2週目からはついに会社員としての日常の始まりです。

職場が中心街にあり、私が住むイーストコーストからはバスで約30分、バスの待ち時間も含めドア・トゥー・ドアで40分~50分かかるのですが、通勤ラッシュを何が何でも避けたい私は、オフィスの近くにあるヨガ教室に通ってから出勤することに決めました。

早朝5時半に頑張って起きて、キッチンに向かい、ホーランド・ビレッジにあるお店で大量に仕入れたアサイーの冷凍ピューレでアサイースムージーを作ります。キッチンの窓の外を見ると、向かい側のお家の灯りも点いていて、お手伝いさんらしき人が朝ごはんの支度をしています。きっと、こんなに朝早くキッチンで活動している人を窓越しで見たのが初めてなのか、彼女は私の方をまじまじと見てきます。きっと彼女とは今後も毎朝キッチンの窓越しで会うのでしょう。彼女に私もお手伝いさんだと勘違いされるのは間違いありません。

スムージーを飲んだら、ランチ用の食べ物を冷蔵庫から取り出し、ヨガをする格好で荷物を持って出掛けます。

大体、6時15分くらいのバスに乗って、昨日の新聞を軽く読みます。ヨガ教室の最寄駅に7時前に着いてしまうので、適当にそこらへんのホテルに入り、新聞の続きを読むか、ボーッとします。

少し時間を潰してから、ヨガ教室に向かい、7時15分から1時間、ヨガのレッスンを受け、仕事着に着替え、オフィスに向かい、勤務開始時間30分前には自分の席に着きます。

それからは、普通の仕事。などなど。

職業柄、勤務終了時間が読めなく、仕事終わりの自由が余り取れなくなるため、朝にプライベートな時間を取るというのは、もともと通勤ラッシュを避けるためとは言え、自分でも得策だと思います。

インドに住んでいた時は、会社の車での通勤だったため、朝はギリギリまで寝てるという堕落した生活を送っていましたが、シンガポールではとても健康的な生活が送れそうです。

このまま、早起きを続けられるのならば、ですが。。

今週はまだ入社したばかりなので、残業はまだなく、比較的早く家に帰ります。そのため、近くのショッピングモールでキッチン用品を購入したり、イースト・コースト・パークで散歩したりしました。

働く女性にとってシンガポールでありがたいのは、スーパー、もしくはスーパーが入っているショッピングモールが夜遅くまで開いていることです。家の近くのショッピングモールは夜10時まで開いています。

ただ、多くの人が仕事帰りに買い物をするからなのか、レジの行列がすごいです。そして、みんな大量買いをするので、待ち時間がとても長くなります。買い物の時間や料理の時間を考えると、安く食べれるフードコートで夕飯を済ますのが理に適っているように感じてきてしまいます。シンガポールで外食文化が盛んなのには納得です。

夜9時のスーパーレジにて。人の行列がすごいことに。

個人的には、イースト・コースト・パークを散歩したり走ったりするのには、朝方〜日中がいいと思いますが、仕事帰りに家に帰ってから寄るのも悪くないです。波の音と潮の香りには、いつだって癒されます。公園にあるダイニングテーブルで集まって飲んでいる人たちを見れば、自分も友達ができたら、ここでピクニックでもしたいなと思ってしまいます。もし自分に恋人がいれば、絶対にこの場所に連れて来たいなとも思います。ただ、例えシンガポールで友達も恋人もできなくて一人だとしても、ここの空間は一人でも十分楽しむことができます。

今後、仕事帰りに家に帰れる頻度がどれ位なのかは定かでないですが、もし早く帰れる日があって、かつ、自分の食事の準備をしなくて済む日があれば、仕事帰りにも波の音と潮の香りを満喫したいと思います。


だって、私は"イースト・コースター"だから。










Likeしていただけると、嬉しいです♡






2017/01/02

クリスマス〜お正月までの最初の1週間 in シンガポール




シンガポールで働くことが決まってから約1ヶ月後、予定よりもかなり遅れていた就労ビザの承認がようやく下り、航空賃が値上がりする年末年始に差し掛かってしまったものの、早速シンガポールに飛びました。

日本出発、12月25日お昼。シンガポール着、12月25日夜11時45分頃。ギリギリ12月25日。

実はクリスマスが私の誕生日。自分の誕生日も、国民のクリスマスもお祝いするのが好きではない私にとって、記念日を飛行機の中で過ごすというのは最高のアイディアでした。

ただ、空港でクリスマスツリーが見られるのかなとちょっと期待していたのに、何の飾りもなされてなくて、ちょっとガッカリ。。

シンガポール到着1日目は、チャイナタウン付近にあるホテルに宿泊したものの、2日目からは、中心部からやや離れたイーストコーストエリアにあり、日本人や中国人女性がフラットシェアをしているアパートに居候をさせてもらいました。

仕事は1月からなので、1週間ほどフリーなのですが、何せ住む場所を決めないといけないので、2日目から早速、google mapをお供に、部屋探しにアッチコッチと行き来しました。

職場が中心部にあるので、近場で探すことに。予算は最高850SGD。

観光するつもりは全くなかったものの、部屋探しであちこち回っている間に、間違ってリトルインディアに迷い込んで、インドで超有名なスター俳優シャールク・カーンのポスターを発見したり、タンジョン・パガーにあるシンガポールで最も古い寺院の一つ、シアン・ホッケン寺院を発見したりと、結果的に中途半端で、地味な観光をしていました。


シアン・ホッケン寺院(の裏側)


肝心の部屋探しですが、私の低予算では、部屋がものすごく狭かったり、住環境が悪そうだったりと、5軒以上は見たのですが、いい場所が見つかりませんでした。また、人も物も高層ビルも多い中心地に住むのは、周りの環境が忙しすぎて息が詰まりそうで、自分には合わないだろうと感じました。

というわけで、中心部で部屋を探すのは諦め、今居候させてもらっているアパートがあるイーストコーストで部屋を探すことに。イーストコーストには、観光スポットが特にないものの、生活するにはとても打って付けの、平和な場所です。たまたま、すぐ隣の隣にあるアパートのお部屋が空いていて、部屋の広さも雰囲気も良く、自分の予算ピッタリだったため、シンガポール到着4日目で住む場所を決めました。一緒に暮らすルームメイトにも会っていないし、共有部分の細かいところも確認していなかったので、今後問題が出ないか賭けに出る羽目になったけど、今のところは、とりあえず家が決まって安心しています。

家探しが終われば、もう完全にフリーなので、知り合いに紹介してもらったシンガポール在住の人に何人か会ったり、初めてネイルサロンに行ってみたり、家からすぐ近くの海岸沿いで歩いたり、『地球の歩き方 シンガポール』を読んだり、これもまた家からすぐ近い評判の良いヨガ教室に通ってみたりと、 観光地には行ってないけれども、楽しい時間を過ごしました。


イーストコーストエリア


イーストコーストエリア

私が今後も住む予定のイーストコーストエリアに関しては、おいおい書いていきたいと思います。


そして大晦日。

一時的にお世話になっている中国人のルームメイトと、その友達の日本人と一緒に2016年度紅白歌合戦をオンラインでリアルタイムで観ながら、一緒に作った年越し蕎麦を食べました。(そしてもちろん、最後の最後でなぜ白組の票が多かったのに、紅組が勝ったのか、 腑に落ちませんでした笑)シンガポールは日本よりも1時間遅いので、見終わった後に、マリーナベイサンズでのカウントダウン花火を見るため、花火が見える場所にある、ルームメイトが働くオフィスに向かいました。

オフィスに着き、窓越しに携帯カメラをセットしスタンバイをしていると、いつの間にか1月1日になり、窓の外からは人々の歓声が聞こえました。それと同時に、マリーナベイサンズの目の前の海から花火が打ち上げられました。

ただ、正直なところ、私が想像していたほど花火の迫力はなかったです。そして、風の流れの影響で、どんどん煙が花火とマリーナベイサンズの景色を覆っていき、最終的に、窓の外は煙になるというオチに。まー、そんなものなのかと、それはそれで現実的で面白かったです。(ただ、他の場所から花火を見ていた人は最後まで見れていたので、見る位置の問題だったのでしょう。)

最初は良かったんです。なのに・・・


こうなってきて・・・

最後はただの煙に・・・笑


来る1月1日は、ようやくシンガポールで何の予定もない日となり、朝に海辺で散歩をしたり、家でゴロゴロしたりとゆっくりしました。

小学生の日記みたいに、まとまりのない文章となりましたが、この1週間は本当にシンガポールで楽しい時を過ごしました。仕事が始まる前の束の間のひと時を持ったことは正解でした。

特に思い入れもなく来たシンガポールですが、この1週間、イライラしたことも怒ったことも一度もなく、インド時代とは全く違う予感がしています。


どうか、この平和な日常が続きますように。今年は良い年になりますように。









Likeしていただけると、嬉しいです♡






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...