2017/01/15

シンガポールライフ3週目:幸せな瞬間



シンガポール生活も早3週目。シンガポールで働き始めてから2週目。


嫌なことや、イライラすることも出てきました。


例えば、シンガポール人の同僚の1人が本当に腹立たしい人だとか。。

プライベートでたまたま知り合った、自分は全然興味のないシンガポール人男たちから誘いを受けたりとか。。(どうやら、シンガポールでは日本人女性は人気なようです。私にはどうでもいいことなのですが。)


もし私がシンガポールの中心街に住んでいたら、多分今頃早くもシンガポールへの興味をなくしていたかもしれませんが、幸い私は大好きなイーストコーストエリアに住んでいるので、海にものすごく近いお家に戻ってくれさえすれば、中心街で感じるストレスを溜め込まずに済みます。

なので本当に、興味のない男性からマリーナベイサンズの景色が見えるバーで高いお酒を奢ってもらう時間があるならば、一人でイーストコーストパーク沿いの海辺を散歩したり、レンタル自転車に乗ってちょっと遠くまで行ってみる方が断然いいです。

なので、次からは興味のない男性からのお誘いは、一切断ります笑


さて、今週特に幸せだった瞬間が2つあります。

一つは、マリーナベイサンズでの景色を見た瞬間と、もう一つは、いつも通りイーストコーストパークで見た瞬間です。

どちらかが明け方で、どちらかが夕暮れ前です。


どっちがどうでしょうか?(簡単な質問かしら。。)





正解:

上の写真が、明け方のマリーナベイサンズです。いつもよりちょっと遅く(朝7時くらい)にバスに乗って、自分が住んでいるイーストコーストから中心街にあるオフィスへ向かう際に見た窓越しの景色です。いつも通る道なのですが、朝はもっと早く出て外は暗いので、明け方の景色は初めて見て感動しました。(ちなみに私はマリーナベイの夜景にはあまり興味がありません(・_・; )

下の写真は、夕暮れ前のイーストコーストパークです。いつもは夜7時くらいに家に帰ってきて、その後海辺に向かうと夜8時前になるので、もう少しあたりが暗いのですが、この日は早く家に帰ってきて、海辺に6時位に行ったので、いつもとは若干違う景色を見れて幸せでした。

イーストコーストパークは、本当は朝も夜も毎日行きたい場所。

海を眺めながら、波の音を聞くのもよし。

あるいは、海を眺めながら、エルトン・ジョンの曲を聴くのもよし!

【Don't Let the Sun Go Down on Me】







Likeしていただけると、嬉しいです♡





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...